MENU

植毛は世界中で研究されています

植毛は日本のみならず、世界でも行われている共通の薄毛対策なのです。

 

世界を見て見ますと、何と1800年代から研究が繰り返され、皮膚移植などが行われてきていたのです。

 

日本で植毛が行われ始めたのは1930年代ごろからと言われています。今から約90年ほど前です。

 

当時は今ほどの技術力もありませんので、精度の面でも劣っていますし技術面などは発展途上だったと言えます。

 

ですが今は技術力が当時とは比べ物にならないほどに進歩しており、綺麗に行えるようになってきています。

 

今や当たり前となってきたFUT法(毛包単位植毛)や、FUE法(毛包単位くり抜き)がスタンダードとなっています。

 

またかつて主流であった人工植毛などもあり、作り物ではありますがバリエーションが豊かな方法もあったりします。

 

他にもメガセッション(大量移植)にトリコフィティック縫合法といったものまであります。

 

そんな様々な植毛の方法のメリット、デメリットや植毛の手順からアフターケアなども併せてご紹介いたします。

 

また、植毛後に起きうる症状についても必須の知識を書いていきますので、是非とも植毛前の事前学習としてお役立てください。

植毛だと手早く自分の髪の毛をよみがえらせる事が出来ます記事一覧

植毛を実際に行う際にどのような手順で気になるかと思います。そこで植毛の施術を行う...

植毛を終えてから新しい髪に生え変わるまでのアフターケアが必要です。とは言っても、...

植毛後は副作用が全く起きなうわけではありません。施術を受けた方のそれぞれの体質に...